de empleo

就職活動における人事部と学生

エントリーシートの志望動機には何を書くべきか? 書き方の例は参考になるのか?

外を見つめる男性

前回の記事では、「エントリーシートはどのような場面で利用されるか?」について紹介しました。今回は、エントリーシートの志望動機には、何を、どのように書くべきか?について検討していきます。

ただし、前もって断っておきますが、この問題に対する絶対的な答えはありません。というのも、エントリーシートを読む人(人事部)に応じて「観点」や「捉え方」が異なるからです。万人が高く評価する完璧なエントリーシート、「そんなものは存在しない」と考えることから始めるとよいかもしれません。

 

志望動機にありがちな悪い例

エントリーシートに必ずといってよいほど設けられている質問は、「なぜ当社を志望したのか?」を問う、いわゆる志望動機を尋ねる質問です。

中途採用の場合は、「その人がどのような能力を持っているのか?」、また「即戦力として使えるか?」を重視するのが一般的です。一方、新卒採用では「学生の能力は未知数であり、即戦力にはならない」と考える企業が多く、「能力」よりも「志望動機」が重視される傾向があります。よって、志望動機は軽視できない質問項目の一つとなります。

まずは、志望動機の文章にありがちな例を紹介しておきましょう。

貴社の▲▲という社是に共感し、貴社が有する技術力、組織力、ブランド力を活かすことで、よりグローバルな活動に貢献できると思いました。私も、その一助になりたいと考えています。

この文章を読んで、皆さんはどのように感じますか? 無難ではあるものの、何も伝わるものはありません。「よりグローバルな活動に貢献できる」という表現も、その意味を理解しにくい文章です。

なにより、この例文における最大の問題点は、自分のエピソードが一つも書かれていないことです。もしかすると、企業のホームページを見ながら、志望動機の文章を適当に書いたのかもしれません。これでは、とても志望動機とはいえません。

これほど典型的な例ではないにせよ、似たような文章を「志望動機」に書いてしまう学生は少なくありません。「まず応募すること」が最大の目的で、エントリーシートを書く際に後付けで志望動機を考えている場合によく見られるパターンといえます。

 

志望動機には何を書くべきか?

志望動機には、「なぜ、この業界、この企業を選んだのか」を書かなければいけません。企業のホームページや会社案内を見て、掲載されている文章の中から「適当な言葉」をピックアップするものではありません。むしろ、そのような行動に至った経緯、つまり「なぜ、その企業のホームページを見ているのか?」について述べるのが基本です。

企業に応募する以上は、何かしらの志望動機があるはずです。「人と話すのが好きだから」とか、「料理が得意だから」など、人それぞれに想いがあり、その想いに関連する企業を選ぶのが一般的です。ならば、その想いを素直に相手に伝えなければいけません。

このとき、単に「興味がある」というだけでなく、興味を持つに至った経緯(エピソード)を記すのが理想的です。「人と話すのが好きだから商社を選びました」では、あまりにも短絡的すぎます。人と話をする仕事なんて商社以外にも沢山あります。「料理が得意だから食品メーカーを選びました」という場合も、「ならば外食産業でもよいのでは?」と切り返されてしまいます。

このように考えていくと、志望動機を書くのは非常に難しい作業といえます。また、自分の想いを短い文章で的確に伝えるのは難しく、どうしても思い通りに文章を書けない方もいるでしょう。この場合、上手に文章を書く必要はありません。無理して難しい単語を使う必要もありません。下手な文章でも構わないから、何とか自分の「気持ち」を伝えようとすることが大切です。自分なりの言葉で「なぜ御社を希望しているのか」を率直に伝えたほうが、人事部の印象は強くなります。

 

志望動機の評価は読む人次第

場合によっては、「自宅から近く、転勤がないため」が本当の志望動機になるケースもあると思います。この場合、素直に志望動機を書いてよいものか、迷ってしまうと思います。かといって、適当に「それらしい志望動機」を考えても、インパクトのある文章にはなりません。

このようなケースに対する的確なアドバイスはできません。「自宅から近く、転勤がないため」という志望動機を読んだときに、「素直な学生で、ある意味、勇気があるな」と評価する人事部もいれば、「そんな理由で当社を選ぶなんて……」と落胆する人事部もいます。「仮にそうだとしても、大人なんだから多少は取り繕って書けよ」と考える人事部もあるでしょう。

似たような例は、ほかにも沢山あります。「右肩上がりの業界だから」とか、「給料が高いから」とか、「仕事が楽そうだから」とか、「仲が良さそうに見えるから」など。どれも、本音を素直に書いてよいのか、迷ってしまう志望動機といえます。

こういったケースでは、素直に志望動機を書くことが「吉」と出るのか、それとも「凶」と出るのか、就活が終わってみないと分かりません。どちらを選ぶかは、自分で決断するしかないのです。ただ、「仕事が楽そうだから」という志望動機を評価してくれる企業は滅多にないと思われます。

企業そのものの体質として、「自宅から近い」とか、「給料が高い」といった志望動機を認める社風があるのか? そうでないなら、「自分の考えと合わないし、入社後も苦労しそうだから辞めておこう」という判断基準の下、あえてチャレンジしてみるのも面白いと思います。ただし、当サイトは一切の責任を負いません。

何を書くにせよ、読む人の「観点」や「捉え方」を意識することが大切です。でも、誰が読むのか分からない状況では、それすら無駄な努力に終わってしまいます。「エントリーシートはこのように書くべき」という書き方の例も、参考程度に捉えておくのが基本です。最終的には、各自の判断で書くべき内容を決めていくしかありません。

本来、志望動機は「自分の心の中にあるもの」であり、他人がとやかく言うものではありません。その考え方(志望動機)は正しい、いや正しくない、と評価すること自体が無謀なのです。

それでも、企業は志望動機で学生を選別しようとします。その基準は、もしかすると、志望動機そのものではなく、「当社の社風に合っているか?」、そして「自己をしっかりと分析できているか?」なのかもしれません。また、学生の側にも選択の余地は残されています。それは「本音を書くか」それとも「取り繕って書くか」の選択です。いずれにせよ、「志望動機の文章」をどう評価するかは相手に任せるしかありません。

 

面接で志望動機を再確認されるケースも

前回の記事でも紹介したように、エントリーシートに記述した内容は、面接時の事前資料としても利用されます。このため、エントリーシートに書いた志望動機について質問されるケースがよくあります。

文章を書くのが苦手で、志望動機を上手く書けなかった学生にとっては、これは絶好のチャンスといえます。文章では表現できなくても、言葉でなら「想い」を伝えられるかもしれません。なんとか面接まで勝ち進む必要はありますが、そのときに備えて、頭の中でシミュレーションをしておくとよいでしょう。そのためにも、エントリーシートのコピーを必ず控えておく必要があります。「何を書いたのか忘れてしまった」では、対策のしようがありません。

その一方で、「とりあえず……」という気持ちで応募した企業には、無難で、ありふれた志望動機を書かざるを得ないケースが多いと思われます。もちろん、この内容について面接時に突っ込まれ、しどろもどろになる学生もいるでしょう。これについても、面接のシミュレーションをしておくことが効果的な対策法となります。

ただし、それ以前の問題として、たいした志望動機もないのに応募すること自体が間違っているとも考えられます。以前にも書いたように、「保険としての応募」は迷惑以外の何物でもありません。エントリーシートにまともな志望動機を書けない時点で、もういちど自分の気持ちを見つめなおす必要があります。無理して応募する行為は、貴方にとっても、採用に関わる人々にとっても、時間の無駄でしかありません。

 

  連載の目次